NINA TOLSTRUP AND JACK MAMA

NINA TOLSTRUP AND JACK MAMA

我々が仕事をする中で「遊び」が果たす役割は常に大きいです。
デザインプロセスと遊び心を融合できた時は喜ばしいものがあります。
先日もコーヒーを飲みながら休憩している時に鉛筆を削っていたんですが、それも最終的には遊びに変わってしまってました。
日々の仕事はこういう小さな瞬間に立ち会うためにやっているとも言えます。
ちょっとした笑いと予期せぬ出来事 - こういった難しい時期には特にです。
常に家やスタジオにいれるというところの良さはそういうところで、何気なくやっていた小さいことで毎日が楽しくなるということに気付けるのです。

ー ニナ・トルスタープ&ジャック・ママ


Play has always been central to our work process.
It brings us joy to integrate play into our design process.
The other day sharpening our pencils during a coffee break ended up in a moment of fun.
We live for these small moments in our daily work.
A bit of laughter and the unexpected - specially in these these difficult and unfamiliar times.
That is so lovely about being home and in our studio all the time is that it highlights the small everyday rituals that make a happy day.

ー Nina Tolstrup & Jack Mama


NINA TOLSTRUP AND JACK MAMA

公私共にパートナーであるNina TolstrupとJack Mamaは、2000年Studiomamaを設立。誠実でシンプルな造形で、ミニマルながらも遊び心と実用性のあるデザインを手掛けている。そのデザインは、すべての人に平等に良いデザインを、という信念に基づいている。Nina Tolstrupはコペンハーゲンのビジネススクール卒業後、パリ・デザイン大学(ENSCI)へ渡りインダストリアルデザインを学ぶ。現在は英国のレイヴェンズボーン・カレッジの講師、シラキュース大学の客員教授、Design Museumのレジデンシープログラムの選考委員も務めている。

www.studiomama.com

Studiomama was founded in 2000 with Nina Tolstrup and her husband and design collaborator Jack Mama. Studiomama's work can be simple, honest and minimal. It is always playfulness, relevant and humorous with a democratic belief in good design for all. Nina trained as a designer at the prestigious Les Ateliers in Paris and gained a BA in Marketing from the Business School in Copenhagen. Now she is a consulting professor at the London branch of Syracuse University as well as Curator of Danish Craft. Amongst a range of ongoing panel and committee responsibilities she most recently she sat on the selection panel for the Design Museum's Designers in Residence program.

www.studiomama.com

ONLINE SHOPE&Y