KOICHI FUTATSUMATA - INTERVIEW

「形」について


- E&Yから多くのコレクションを発表している二俣公一。
彼がデザインする作品は、それぞれ異なる「形」をしながら、どれもどこかに二俣らしさを感じさせます。 今回、ATAKAでの展示「Digging through E&Y|Vol.2 二俣 公一」に合わせ、彼が考える「形」についての興味や、そのプロセスなどについてお話しいただきました。


機能から生まれる「形」というものに興味を持っています。

もう少し正確に言えば、機能の先にある造形の美しさを探していると同時に、 形態の先にある機能を探しているとも言えるかもしれません。

そのような「形」に対する探求は、いつもスケッチから始まります。ペンを走らせながら、同時に、頭の中で様々な形状を何度も組み立てては分解し、手を動かしていく。そうしているうちにふと、自分の興味を引く「形」に出会う瞬間があるのです。そして、構造、ディテール、質感、そういったものを統合しながら、頭の中とスケッチとの行き来を繰り返し、その興味のよりハッキリとした輪郭を追っていく。私にとって「形」にすること、デザインすることは、そのような感覚の中にあります。

E&Yとの最初の協働となった「4FB」(コートハンガー, 2007)は、リリースされた数あるプロダクトの中でも、最もそれがシンプルに表れたプロダクトだと思います。4本のフラットバー(FB)を卍型に束ねることで成り立つ構造と形。それへの興味を、コートハンガーとして自立し、荷重に耐えられるだけのバーの太さや全体のフォルムを考慮しながら掘り下げました。また、同じ形状のフラットバーをキューブ状の軸に組みつけるというシンプルな構造により、誰でも簡単に組み立てることが出来ると同時に、無駄のないパッキングも可能になっています。



「HAMMOCK」
(ローテーブル, 2009)は、構造と形がきっかけとなった4FBに対し、有機的なラインと直線的なラインという、2つの性質の組み合わせへの関心から生まれています。そしてそれは単なる直線と曲線という2次元的な組み合わせだけでなく、ガラスとラタンという2つの対比的な素材の組み合わせでもありました。ハンモックのように心地よい曲線美を持つラタン製の受け皿に、ガラスという直線的で、ある種の緊張感ある素材を重ね合わせる。ショーケースやウィンドウの先に想いを馳せるように、ガラス越しの存在をより意識する。そういうモノの持つ概念的な部分と、素材・形状のコントラストを、一つのプロダクトに落とし込んでいます。





一方、リリースされた中でも最も新しい「ESKER」(チェア, 2022)は、直線と曲線という2つの要素を、より3次元的に、そして、より微細なレベルで取り込んだ「形」と言えるかもしれません。このプロダクトでは、シンプルで軽さのあるスタッキングチェアを念頭に、接合部やフレームのサーフェイスを滑らかにスムージングしています。そして座面の膨らみも含めて一貫した操作を行うことで、フレームから座面に至るまで、視覚的にも物理的にも、一体的なフォルムを実現することが出来ました。







そして、靴を履くためのスツールとしてデザインした「GO」(スツール, 2021)と、植物をセットする装置としてデザインした「8」(オブジェクト, 2022)は、どちらも明確な機能から生まれる造形への好奇心という点で共通しているかもしれません。さらに言えば、どちらも複数の機能を組み合わせることにより生まれる「形」への探求とも言えます。





「GO」は、靴を脱ぎ履きするための腰掛け、靴を履いたままレースを結んだりブラシをかけたりする際の足乗せ台、手入れの為のブラシやクリーム、靴べら等の小物収納という、大きく3つの機能を備えています。そしてそれらを円盤状の座面や、円筒状のステップ、直線的なフレームに、円形のプレートという、幾何学的な複数の形状を組み合わせることで一つに統合しています。一方の「8」は、8号鉢という既存の規格品を取り込むことを前提に、鉢を備え付けるための円筒状のパーツ、水やり後の余分な水を受ける円錐状の着脱式受け皿、そしてサイドテーブルの機能を付加する3枚の平板、「GO」と同じくこれも3つの要素を統合し、一つのオブジェクトとして存在感のある造形を探りました。どちらも共通しているのは、複数の機能の組み合わせによる「形」であることですが、それは結果的に、ファニチャーとしての人格、アイデンティティのようなものをより強く求めたプロダクトだとも言えます。





あらためて振り返ると、私にとって「形」とは、そういう自身の様々な興味、関心、造形に対する好奇心の表出のように感じます。そしてE&Yとの協働は、プロダクトをデザインすることを通して、そのことを再認識する機会を与えてくれます。

2023年7月 CASE-REAL 福岡事務所にて

strong>KOICHI FUTATSUMATA - INTERVIEW

"The form"


- Koichi Futatsumata has been releasing a number of collections from E&Y.
Each of his designs has a different "form” but all of them have a distinctly Futatsumata-like quality. In conjunction with the exhibition "Digging through E&Y Vol.2: Koichi Futatsumata" at ATAKA, we asked him to talk about his interest in "form" and the process of designing.


I am interested in "form" that is born from function.

To be more precise, I am looking for the beauty of form beyond function, and at the same time, I am looking for the function beyond form.

Such a search for "form" always begins with a sketch. While running the pen through my mind, I repeatedly assemble and disassemble the various forms in my head and move my hand through them. In the process of doing so, there is a moment when I suddenly encounter a "form" that catches my interest. Then, while integrating structure, detail, texture, and so on, I repeatedly go back and forth between my mind and sketches to follow the clearer outlines of my interest. For me, "shaping" and designing is in this sense.


"4FB" (coat hanger, 2007), my first collaboration with E&Y, is the simplest of all the products we have released. We delved into our interest in this while considering the thickness of the bars and the overall form of the product to ensure that it would stand on its own as a coat hanger and be able to withstand the load. The simple structure of flat bars of the same form assembled on a cube-formed shaft makes it easy for anyone to assemble, and allowing for lean packing.



"HAMMOCK" (low table, 2009) was born from an interest in the combination of two qualities, organic and linear lines, as opposed to 4FB, which was inspired by structure and form. And it was not just a two-dimensional combination of straight and curved lines, but also a combination of two contrasting materials: glass and rattan. The rattan tray, with its pleasant curvaceous beauty like a hammock, is superimposed on glass, a linear material with a certain tension. As we think beyond the showcase or window, we are more conscious of the presence through the glass. The contrast between the conceptual aspects of such objects and the contrast between materials and forms is incorporated into a single product.





On the other hand, "ESKER" (chair, 2022), the newest of the released products, could be described as a "form" that incorporates two elements, straight and curved lines, in a more three-dimensional way and at a finer level. In this product, the joints and frame surfaces are smoothed and smoothed with the idea of a simple and light stacking chair in mind. And by consistently manipulating the seat, including its bulge, we were able to achieve a unified form, both visually and physically, from the frame to the seat.







And "GO" (stool, 2021), designed as a stool for putting on shoes, and "8" (object, 2022), designed as an object for setting plants, may have something in common in that both are curiosities in form that arise from a clear function. Furthermore, both are explorations of "form" created by combining multiple functions.





"GO" has three main functions: a seat for putting on and taking off shoes, a footrest for tying laces or brushing while wearing shoes, and a storage space for small items such as brushes, cream, and shoehorns for cleaning. The "8" is a combination of three main functions: a footstool for tying and brushing shoes, a footstool for cleaning brushes, cream, and shoehorns, and a storage space for small items such as shoehorns. On the other hand, "8" is based on the premise of incorporating an existing standard No.8 pot, and integrates three elements: a cylindrical part to hold the pot, a cone-formed removable tray to catch excess water after watering, and three flat plates to add the function of a side table. Like "GO" ,these three elements were integrated to form a single object with a sense of presence. What both products have in common is that they are "forms" that combine multiple functions, and as a result, it can be said that they are products that seek a stronger personality and identity as furniture.





Looking back, I feel that "form" for me is an expression of my various interests, concerns, and curiosity about modeling. And working with E&Y gives me the opportunity to reaffirm this through the design of products. July 2023 at CASE-REAL's Fukuoka office

ONLINE SHOPE&Y